9000回以上失敗をしてきた神様

うも!

 

修一です。

 

 

 

僕は今現在個人でバスケ事業を展開しているのですが、
その関係で「アスリートの名言」について調べることがありました。
その中でかなり響いた言葉があるのでシェアします。

 

 

その名言がコチラ。

 

==============

私は9000回以上シュートを外し、300試合に敗れた。
決勝シュートを任されて26回外した。
人生で何度も何度も失敗してきた。
だから私は成功したんだ。

==============

 

これが誰の言葉かあなたはわかりますか?

 

ちょっと勘の鋭い人ならわかったかもしれないですね。

 

そう、この言葉を発したのは
バスケットボール界の神様
マイケルジョーダン
です。

f:id:s-shuichiconsul:20170318165446j:plain

 

 

僕は彼のこの言葉を見て
めっちゃその通りだな〜と思いながら読みました。
今の僕ならわかるな〜と。

 

 

僕は小学生の時から大学までずっとバスケをしていて、
全国大会に行ったのは、
県選抜としての1回だけ。

高校時代はインターハイを目標に掲げながらも
県大会ベスト16あるいは8止まりだったんです。

 

きっと僕が全国に行けなかったのって
失敗の回数が少なすぎたから」。

 

 

高校1年の時にとにかく怒られて怒られて。
怯えながら毎日バスケしていたのを今でも覚えてるんですね。

 

それで怒られるのが嫌になって
怒られないように無難に無難にプレイしてた
結果、それが全国に行けなかった理由だと思うんですね。

 

失敗の回数が全国に行っている彼らよりも
はるかに少なかったんだと思う。

f:id:s-shuichiconsul:20170318165931j:plain

 

僕は失敗することを恐れていたんですね。
そんな人間が全国に行けるはずなくて・・・。

きっと、大きな成果を残せる人間
スポーツでもなんでも
失敗を恐れない失敗大歓迎
な人間だと強く感じています。

 

 

マイケル・ジョーダンだってそう。
決勝シュートを26回も外して。
僕なんか5回にも満たない。
シュートを外してきた本数も圧倒的に少ない

 

 

今僕がしていることもそうなんだけど
やっぱり試行回数だなと。
とにかくTryする回数を増やさないと
成果には結びついてこないなと感じています。

f:id:s-shuichiconsul:20170318170016j:plain

 

でも、それを恐れる人間が多い。僕も含めてね。
試行回数をなるべく少なくして
失敗する回数をなるべく少なくしようと努める

でも結局それで得られるものは、
きっと失敗の回数に比例してくると思うのね。

失敗の回数が少ない人は得られるものも少ない。
失敗の多い人はそれだけ大きなものを得る

 

 

今は失敗することが怖い、失敗したらどうなるかわからない
って思っているはず。あなたは。

でも失敗から得る教訓とかはいつか大きなものになって返ってくる
大きな成果を出すときの武器になる。

 

そこまでくればその過程できた失敗なんてちゃっちく感じるようになります。
これは僕の経験談でもあります。

f:id:s-shuichiconsul:20170318170132j:plain

 

 

僕自身、中学時代は県選抜として静岡県を背負って戦わせてもらったんだけど、
当時の試行回数とか失敗回数って
やっぱりそこらへんの人よりも多かったって
今思い出しても感じます。

 

たくさん失敗してきたから学ぶことがあって、
自分の強み弱み得意不得意がわかるようになりました

 

 

とにかく失敗大歓迎のスタンスでやれば
いつかきっと上手くいくことがあります。

 

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

修一